投稿日:

大相撲@舞鶴巡業中人命救助の女性に対して

京都府舞鶴市で4日に開かれた大相撲の春巡業中で、土俵に上がった多々見良三市長が倒れた。

その際、救命処置をしていた女性に土俵から下りるように場内放送をした問題で、5日 日本相撲協会の春日野巡業部長(元関脇・栃乃和歌) は、今後緊急時の対応策を講じる考えを示した。大相撲の土俵は古くから「女人禁制」とされている。

5日舞鶴市は、多々見市長はくも膜下出血と診断され、手術を受けたと発表した。約1カ月の安静と入院が必要という。

大相撲@舞鶴巡業中人命救助の女性に対して『女性の方は土俵から下りて 男性がお上り下さい』

土俵に女性が上がってはいけないと言うのが相撲の世界ではしきたりという文化があるのですが
それはあくまで行事の中であって

今回は生命の救命救助としてのケース

相撲協会の中でのこう言うケースを想定していなかったと言うのが問題ではある。

今回、舞鶴市長が亡くなっていたらそれ以上の問題であったと思いますが救命救助に関わった女性が勇気ある行動で本当に無事でよかった。

今後、起こり得ないことはないから協会側の臨機応変な救命救助対応における例外もしくは救命救助対応を文化に入れないといけないですね。

Share
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA